目袋解消

アイキララだけでは目袋や目の下のたるみを改善できない!

アイキララは、加齢によって減少したコラーゲンにアプローチすることで、ハリと弾力を取り戻し、皮膚痩せを改善することで、目の下の隠し切れないクマや目元のたるみを改善、解消してくれるアイクリームです。

しかし、アイキララだけでは、皮膚痩せは改善できますが、目袋やたるみまで解消できるかというと、少し難しいかもしれません。

でも、目袋やたるみの原因、構造を理解することで十分な対策はできます!

そこで、
目を支える眼輪筋のたるみも原因です。

眼球は、衝撃から守るために眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪に包まれています。

そして、眼輪筋(がんりんきん)という、まぶたを動かす表情筋が目のまわりをぐるっと囲み眼球を支え、更にその表面を皮膚が支えています。

皮膚が痩せてハリが無くなってきたり、眼輪筋が衰えてくると眼球を支える力が弱くなってしまいます。

目袋・目の下のたるみ

すると、眼球は、その重さで眼窩脂肪に圧力が掛かってしまい、前に飛び出してきた眼窩脂肪が、目袋であり目の下のたるみとなります。

皮膚痩せ対策と眼輪筋トレーニングで目袋を解消!

アイキララで、いくら皮膚のハリや弾力を取り戻しても、それ以上に眼輪筋が緩んでくると目袋や目の下のたるみは一向に改善されません。

そのため、アイキララの使用と同時に眼輪筋を鍛えることも実行していかないと効果が実感できません。

眼輪筋が衰える原因

なぜ、眼輪筋が衰えていくのか、もちろん、加齢によるところがあります。

しかし、それ以上に生活習慣に大きな原因があります。

それは、
パソコンやスマホといった狭い範囲だけを長時間も見ている。

思い当たることはありませんか?

しかも、無意識に凝視してしまっていることで、まばたきの回数も減ってしまっているので、より眼輪筋を使っていません。

眼輪筋も筋肉の1つなので、使わなければ当然、衰えてきます。

簡単2分の眼輪筋トレーニング!

眼輪筋は、まばたきをするための筋肉です。

だから、眼輪筋を鍛えるためには、しっかりとまばたきをすることで、眼輪筋は鍛えることができます。

やり方は超簡単です。

1)思いっきり目を閉じる。
この状態を5秒キープしてください。

次に、

2)思いっきり目を開く。
この状態も5秒キープしてください。

これを10回繰り返す

たったこれだけです。

簡単で時間も掛からないので、いつでもできますよね。

お風呂で湯船に浸かりながらや、寝る前や朝起きてからなど。

日中だと、思いっきり目を閉じたり開けたりすると、メイクが崩れるかもしれないので、化粧直しの前にするというのが良いかもしれません。

アイキララで目袋やたるみを解消するまとめ

アイキララを1日2回正しく使用する。
チェック⇒アイキララの正しい使い方

眼輪筋トレーニングを毎日行う。

目袋やたるみを解消するには、1ヶ月ほどでは効果は実感しずらいと思います。

アイキララで、目元の潤いなどは2週間ほどで実感できてくると思いますが、
ターンオーバーの周期があるのでハリ感や弾力は実感できるまで最低1ヶ月ほどは掛かると思います。

筋肉は、トレーニングの成果を感じてくるのは3ヶ月ほど掛かると思います。

いづれも、美容整形のような一発で解消できるというものではありませんので、じっくり取り組んで若々しい目元を手に入れてください。

今ならアイキララが公式サイトの「お試し定期コース」で10%引きで購入することができます。

ぜひ、今日から始めて早く若々しい自分を取り戻してみてください。

クリック⇒アキキララが10%引きで買える公式サイト